キャンプ場でダイボンダーの事を語っていた山男

数年前に、職場の人たちとキャンプ場でのイベントを楽しむ機会がありました。
そのメンバーの中に、少しワイルドで体格の良い山男のような中年男性がいました。
その男性は、今日がキャンプデビューの日であるという旨の話をしていました。
さらに話を聞いていると、その男性が半導体に詳しいということが分かってきました。
そして、半導体チップのことやダイボンダーに関することなどを語っていました。
その内容は、リードフレームや接着剤の話にまで進展しました。
話の内容と見た目とのギャップが大きいことに驚かされました。
世の中には、見た目のイメージと実際に興味を示すものとの間に、
随分と隔たりがある人もいるものだと実感させられた経験でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です